コラム一覧

久喜市S様邸の地盤改良工事

久喜市栗橋地区に建築予定のS様邸の地盤改良工事を行いました。

地盤改良工事とは、お家の重さ(自重)を支える力(地耐力)が不足する場合に、支持層と呼ばれる固い地盤に届く杭を打設したり、基礎部分の軟弱な地盤にセメントをまぜるなどして、補強することを言います。

とよた工務店では、第三者機関に地盤調査と改良工事の可否を判定・最適な工事選定を委託しています。

S様邸場合は、ピュアパイル工法という地盤改良工事で、円錐型掘削ヘッドを装着した掘削ロッドで、地盤を側方に押し広げながら支持深度まで掘削し、セメントミルクと置換することにより杭状柱体を築造します。工期が短く強度も高いため、最も多いな改良工事の種類になります。一般的には「柱状改良」と呼ばれています。

土地を契約しなければ地盤調査ができませんので、改良工事を行う前提で予算を考えた資金計画を行っています。

必要となる費用は事前に資金計画に見積ることで、お客様が買ってから無理のない暮らしができるよう努めています。

家を建てたい気持ちがあれば十分です!!無料勉強会 毎月開催してます!!

ホームページにあった勉強会についてとお伝えください